金属元素を用いない材料からの金属様光沢の特性

工学部 工学科 化学材料コース 教授 山田 勝実
芸術学部 映像学科 情報コース 准教授 矢島 仁

以前の研究で、色素CVをしみ込ませた透明シートを一方向に延伸することで反射光が偏光しなくなることを明らかにしました。
延伸という手段によりその効果は分子構造に依存することが明らかとなったため、色素の種類を増やして、分子構造と偏光反射特性の関係を確かめます。

最近の研究で、直線分子CYに対する同様の検討を行い、この形の色素分子では、延伸により反射光の偏光が強くなることを明らかとしました。

これらのことから、延伸という手段により有機色素の金属様光沢をより金属に近づけられるが、その効果は分子構造に依存することが判明し、これらの研究プロセスの中で、1種類の色素から異なる色調や偏光特性の金属様光沢を取り出すことにも成功しました。色素の種類を増やし、分子構造と偏光反射特性の関係の研究を行います。

Share Our Research